産後ダイエットの為の情報・ダイエット美容器具のご紹介

なぜサプリメントが必要なのか

 

スーパーに行けば大抵のジャンルの食材が手に入り、

ちょっと特殊なものでも通販などを利用すれば

そのほとんどの物が食べられる世の中になりました。

 

日本にいながら、

そして自宅にいながらでも世界各国の料理が食べることができます。

 

そんな飽食と言われる時代なのに、

食卓の料理から栄養素が足りなくなってきているのは、

どういった訳なのでしょうか?

 

現在の食生活は、カロリーは満たされていても、

ミネラル・ビタミンなどの体の機能を整える為に

必要な栄養素が不足しているのです。

 

材料となる野菜も、昔に比べると栄養価がどんどん落ちています。

 

それは化学肥料に頼った農法が原因で、

土からミネラルやビタミンが吸収されなくなったからだと言われています。

 

また加工食品の増加や食生活の欧米化により、

さらに栄養を奪う調理や脂質過剰な食事がより多くなってしまいました。

 

本来、私たちの体が正常に機能するには、

健康で栄養のある食材をなるべく加工しない状態で

食べることが望ましいのですが、

現代ではなかなか難しい状態です。

 

そこで栄養補助食品と言われるサプリメントが必要になってきているのです。

 

サプリメントはいろいろな種類のものが出ていますから、

多くの人が1度くらいは摂取したことがあるかと思います。

 

食材からの栄養が摂りづらくなってきている現状とは裏腹に、

現代人の健康志向は高まる一方なのです。

 

そのため、サプリメントの需要も急速に伸びてきています。

 

サプリメントは食品と言われているように、薬ではありません。

 

からだに不足しがちなビタミンやミネラル、

ハーブなど精神的にもよい作用をもたらす成分を含み、

形状は粉末、錠剤、液体などいろいろあります。

 

薬局やドラッグストア、スーパーやコンビニ、

通販などで手軽な値段で購入できるようになりました。

 

自分の判断で購入、摂取できるものなので、

サプリメントに関しての正しい知識を持つことが大切になってきています。

 

トップページ

サプリメントは安全?

 

「毎日の生活の中でサプリメントは欠かせない。」という人が増えています。

 

健康維持のため、産後ダイエットのため、美肌を目指して、

など等・・サプリメントを摂る目的はそれぞれですが、

多くの人が一度はサプリメントを摂取したことがあるのではないでしょうか。

 

サプリメントは普段の食生活ではなかなか必要量が摂れない

栄養素を補助するための栄養補助食品であり、薬とは異なります。

 

しかし食品だから体に負担はなくて安心、と過信してしまってはいけません。

 

症状の改善を急いで過剰にサプリメントを摂取したり、

既往症との不都合、薬との飲み合わせによっては、

体に何かの異変が起こったり、薬の効果を邪魔してしまうものもあります。

 

摂取の仕方を間違えると副作用があらわれる可能性もあることをきちんと理解し、

自分に合った適量を摂ることが大切です。

 

サプリメントはたくさん飲めば効果が早くあらわれるものではありません。

 

安全に、そして効果的に摂取するには、必ず摂取量を守ることです。

 

飲み方は栄養成分や目的によって異なり、

たとえば産後ダイエット目的に食物繊維を摂る場合は食前に摂り、

空腹を満たして食べすぎを防ぎます。

 

逆に亜鉛は吸収が良過ぎるため、

食前の空腹時に摂ると気持ちが悪くなることがあります。

 

食後に飲むのが効果的なのは、脂溶性ビタミンA・D・Eです。

 

また栄養素同士の組み合わせとしては、

ビタミンCとコラーゲンのように一緒に摂ると効果がアップするものや、

逆にビタミンEと鉄のように一緒に飲むと効果を邪魔してしまうものもあります。

 

この組み合わせはサプリメントの飲み合わせだけでなく、

普段の献立を考える上でも参考になるでしょう。

 

 

トップページ

 

サプリメントを選ぶ

 

数あるサプリメントの中から、自分の目的にあったものを購入しようとする場合、

商品そのものの確実な情報が必要となります。

 

各成分に関しての情報は本やインターネット上でも調べることができますが、

実際に使用するときにはその商品に含まれている成分、含有量、

価格などが購入の決め手となるでしょう。

 

サプリメントを選ぶ際には、表示に関して次のことに注目してみてください。

 

●製造者・販売者が明記されているか。

 商品に関する責任の所在をはっきりさせておきましょう。

 

●原材料はきちんと表示されているか。

 

●お客様窓口などの問合せ先は明示してあるか。

 商品に関する苦情や相談の窓口があるということは、

 品質や安全性について責任を持って対応にあたることを意味します。

 

●栄養成分やその他含有成分の量がきちんと示されているか。

 

●飲むときに必要となる情報が明記されているか。

 摂取方法や摂取量、注意事項などは、

 安全に使用するためには不可欠な情報です。

 

●効能に関しておおげさだったり曖昧な不適切な表現はされていないか。

 

サプリメントはあくまで食品です。

 

症状はあるが検査では異常がない、いわゆる未病の段階で使用するもので、

薬の代わりにはならないことを忘れてはいけません。

 

またサプリメントは使用法を誤ったり過剰摂取した場合には、

からだに害が及ぶ可能性もあることも頭に置いておく必要があります。

 

今からだに感じている不快な症状に、何らかの治療効果を期待するのであれば、

サプリメントではなく、医薬品を使用しましょう。

 

 

トップページ

 

 

ガルシニア

 

ドラッグストアなどのサプリメントコーナーやダイエット関連商品コーナーで

よく見かける「ガルシニア」は燃焼系のサプリメントとして人気のある成分です。

 

普段、私たちが食事から摂った炭水化物は体内でブドウ糖に分解され、

細胞内のクエン酸回路というものを経てエネルギーとなります。

 

しかしエネルギー消費量が少ないときや糖分を摂り過ぎたときは、

ブドウ糖はクエン酸に変換され、さらに酵素の働きにより脂肪となってしまいます。

 

ガルシニアに含まれる酸味成分は、

クエン酸よりもこの酵素と結びつきやすい性質を持っているため、

酵素と結びついてその働きを邪魔し、

結果として脂肪の生成が抑えられるというわけです。

 

しかし、今と同じ生活のまま、ガルシニアのサプリメントを飲むだけでは、

産後ダイエットの効果は期待できないでしょう。

 

太ったり痩せたりするのは、

摂取したエネルギーと消費したエネルギーの差で決まります。

 

摂取エネルギーが多ければ脂肪としてからだに蓄えられ、

消費エネルギーが多ければ、体脂肪がエネルギーとして使われて痩せる、

というわけです。

 

食事を減らせば摂取エネルギーが減りますから、

とりあえず体重は減っていくでしょう。

 

しかし過度な食事制限は、

生命の維持に関わってくる栄養素まで不足させてしまうことになります。

 

結局、食べる量を適度に減らし、かつ、運動量を増やしていく、

これが産後ダイエット成功の鍵と言えます。

 

そのように生活習慣を見直した上で、

運動効率を上げるためにガルシニアを使ってみるというのが賢明でしょう。

 

 

トップページ

アントシアニン

 

目に良いサプリメントとして「アントシアニン」や「ブルーベリー」の

名のつく商品がいろいろ出ています。

 

ブルーベリーの皮に含まれる青むらさき色のアントシアニンという成分に、

目の健康維持や視力回復に役立つ作用があるとされているのです。

 

アントシアニンは、

目の網膜にある細い血管を丈夫にして血液の流れをよくすることで、

目のすみずみまで酸素や栄養分を行き渡らせ、

目の働きを活性化させるといわれています。

 

目のピント調節の働きを回復させ、

疲れによる目のちらつきやかすみを改善させるとも言われています。

 

また暗いところでの視力に関与しているロドプシンの

合成を促進するとも考えられています。

 

仕事で長い時間パソコンの画面を見続けている人など、

目を酷使している人にはアントシアニンのサプリメントが有効かもしれませんね。

 

アントシアニンはブルーベリー以外にも、いちご、ぶどう、

紫キャベツ、紅芋、さくらんぼ、赤しそなど、

あざやかな色彩を持つ野菜や果物に含まれています。

 

これらの植物がアントシアニン色素を持っているのは、

紫外線による刺激から自分の身を守る為ではないかと考えられています。

 

アントシアニンはポリフェノールの一種であり、

抗酸化作用を持っているのです。

 

ポリフェノールの作用が話題になり、

赤ワインがたくさん売れた時期もありましたね。

 

大豆イソフラボン、お茶のカテキン、そばのルチンなどもポリフェノールの仲間です。

 

植物も生きていくためにすばらしい力を秘めているのですね。

 

 

トップページ