産後ダイエットの為の情報・ダイエット美容器具のご紹介

クエン酸

 

クエン酸と聞いただけで口の中に唾液が溜まってきそうな感じがしませんか?

 

クエン酸は梅干し、レモン、酢などに含まれる成分で、爽やかな酸味が特徴です。

 

私たちのからだの中でのクエン酸のおもな働きは、

疲労予防、疲労回復です。

 

体内でエネルギーを生産し、

老廃物を燃やす過程でクエン酸はその中心的な役割を果たしています。

 

その過程が正常に機能していれば、

疲労物質とも言われる乳酸が体内に溜まりにくくなり、

体内のブドウ糖を効率よく燃焼させることができます。

 

またクエン酸は鉄や亜鉛、カルシウムなどの金属とくっつくと水に溶けやすくなり、

ミネラルの吸収を高めてくれます。

 

小魚の南蛮漬けでは酢のクエン+酸魚のカルシウムが一緒になることで

カルシウムの吸収をよくなる、等、普段の食生活の中でも活用されている作用です。

 

クエン酸は水に溶けやすい性質を持っていますが、

熱には弱いので、調理の際には気をつけてください。

 

またクエン酸は弱酸性を示すため、食用だけでなく掃除にもよく使われています。

 

ポットの洗浄などに有効で、

満水にしたポットにクエン酸を50gほど加えて1時間通電し、

あとは軽く洗い流せばOKです。

 

製菓材料やサプリメントに含まれるクエン酸も、

掃除に使うクエン酸も基本的には同じものですが、

サプリメントには甘味料やその他の栄養素が入っている場合もあるので、

掃除などに使うときはサプリメントのクエン酸は使わない方がよいでしょう。

 

掃除には日本薬局方クエン酸がよいと思います。

 

 

トップページ

 

青汁

 

「うーん、まずい!もう1杯!」

 

のCMで有名になった青汁ですが、

どれほどまずいものか飲んでみたい、

と興味を持たせた意味ではあのCMも成功だったのではないでしょうか。

 

葉っぱをすりおろしたようなドロドロとした舌触りが苦手、

あの青臭さは鼻をつまんで飲んでも隠せない、

などやはり味や食感に関してはあまりよい印象はなかったようです。

 

今では飲みにくさを改善するためいろいろな工夫が凝らされて、

錠剤の青汁サプリメントも発売されています。

 

普段の食事に足りない栄養を補うのがサプリメントの役割なので、

野菜不足を感じたらこれらを利用するのもひとつの方法だと思います。

 

青汁の原料と言えばケールが有名ですね。

 

ケールは大きな葉が特徴で、1枚が200gもあるそうです。

 

キャベツの葉のなんと4倍もの大きさです。

 

ケールにはビタミンA、ビタミンB、ビタミンC、ミネラル、

タンパク質、食物繊維などが豊富に含まれ、

中でもカルシウムの多さには目を見張ります。

 

ケール100g中に含まれるカルシウムは

牛乳1杯に含まれるカルシウムに匹敵する量だそうです。

 

現在、ケール以外にもいろいろなものが使われていますので、

少し紹介したいと思います。

 

●大麦若葉

 イネ科の植物で、麦芽はビールに使われ、若葉は青汁に利用されます。

 比較的、飲みやすい青汁と言われています。

 

●明日葉

 せり科の植物で、暖かな地域に自生します。

 生活習慣病の予防に効果的と言われていますカルコン誘導体を含み、

 またビタミンB12の量も多いです。

 

●桑の葉

 クワ科の植物で、カロテン、ビタミンB1などを含みます。

 血糖値をコントロールする働きがあると言われます。

 

 

 

トップページ

ローヤルゼリー

 

数あるサプリメントの中でも、

もう長い間、多くの人に愛飲されてきた代名詞的存在のローヤルゼリー。

 

養蜂場がローヤルゼリーを作っていることなどから、

みつばちとの関係は知っている人が多いと思いますが、

プロポリスとかローヤルゼリーとか蜂蜜とか、

「何がどう違うのかはっきりわからない!」

という人もいることと思います。

 

ローヤルゼリーは蜂蜜から抽出した成分ではなく、

働き蜂が分泌する乳白色の物質です。

 

今まで蜂蜜と同じようなつもりで飲んでいた人も、

みつばちが分泌したものだと思うと

「えっ!」

とちょっと引いてしまうかもしれませんね。

 

でもこのローヤルゼリーの中にはビタミン、アミノ酸、

ミネラルなど豊富な栄養素が含まれ、

栄養補給だけでなく新陳代謝の促進やエネルギーの供給にも

役立つと言われています。

 

ハチの幼虫は生後3日間、このローヤルゼリーを食べることができますが、

女王蜂の幼虫はその後もずっとローヤルゼリーを食べることができます。

 

そのため、ローヤルゼリーは王乳とも呼ばれています。

 

やはり、ハチの世界では名前どうりの高貴な食べ物のようです。

 

もちろん人間にとっても嬉しい作用はいろいろあり、

血液の流れをよくし、高コレステロール改善作用や抗菌作用、

抗がん作用もあるとされています。

 

血行をよくし、肌に潤いを与えるなど、美容面でも期待できそうですね。

 

しかしローヤルゼリーを摂る場合にはアレルギーに気をつけなければいけません。

 

ローヤルゼリーは天然由来の物質であるため、

いろいろな花の花粉など多くの物質が含まれています。

 

そのためアトピーやぜん息、花粉症などのアレルギー疾患のある人には、

じんましん、顔のむくみ、湿疹、呼吸困難などのアレルギー反応が出ることもあります。

 

アレルギー症状が出たらすぐに使用をやめるか、

アトピーやぜん息を持っている人は始めから使用を避けた方がよいかもしれません。

 

 

 

トップページ

サイリウム

 

おなかの調子を整える目的の

サプリメントやダイエット食品などに含まれている「サイリウム」。

 

サイリウムはオオバコの一種から取れる食物繊維で、

水分を吸うとふくらみ、お通じをよくしてくれると言われます。

 

サイリウムを水に溶かして飲むタイプのサプリメントも発売されていますが、

サイリウムは水を含むとゼリー状にふくらみ、

飲んだあとに満腹感も得られ、

お通じの改善だけでなく食べすぎ防止にもなるという人もいます。

 

他にはサイリウムのこのような特徴を活かして、

水と混ぜるだけのダイエットデザートとして商品化されているものもあります。

 

このデザート、ぷるぷる、そして少しもっちりとした食感が

なかなかうけているようですが・・・

 

サイリウムは市販の便秘薬にも用いられている成分ですので、

自分の判断で他の便秘薬とサイリウムのサプリメントを併用すると

腹痛や下痢を起こす可能性があります。

 

便秘にもさまざまな原因があり、

ストレスや緊張など精神的な要因による便秘の場合は、

腸がれん縮していることもあり、

食物繊維の取り過ぎが逆効果となってしまうこともあります。

 

このような場合は、サイリウムで刺激を与えるのではなく、

乳酸菌を含むサプリメントなどを試して様子を見てもよいと思います。

 

サイリウムを含むものにはサプリメントのほか、

ゼリー飲料やスナック麺類などもあります。

 

食べる際に気をつけたいのは、十分な量の水分と一緒に摂るということです。

 

少ない水分でサイリウム入りの食品を食べると、

のどに留まって危険なこともあります。

 

小さい子どもには食べさせない方が無難でしょう。

 

 

トップページ

αリポ酸

 

現在のサプリメントブームによって広く知られるようになった「αリポ酸」。

 

体脂肪が減る、とか中年太りの解消に、などのうたい文句に魅かれ、

「飲むだけで痩せられるわけがない」

と疑いながらもお金を出して痩せられるなら・・・

と思ってしまうのも仕方のないことかもしれません。

 

実際のところ、αリポ酸を飲むことによって人の体重が減るかどうかは

まだ科学的な検証が必要なようです。

 

αリポ酸などのサプリメントはあくまでも手助けであることを忘れず、

適度な運動や食生活の見直しを行なった上で摂取することが大切です。

 

さて、αリポ酸の体内での働きは、

細胞内でエネルギーが作られるときに補酵素として働くことです。

 

食事から摂取した炭水化物がエネルギーに変わるときに不可欠な成分と言われます。

 

αリポ酸は体内でも作られますが、年齢を重ねるにつれ、その量は減ってきます。

 

これが中年太りの原因だという声もありますが、

実際には中年太りにはさまざまな原因がからんでいますので、

αリポ酸だけで肥満を解消するのは難しいでしょう。

 

αリポ酸にはもうひとつ、注目されている作用があります。

 

それは抗酸化作用で、ビタミンCなどの他の抗酸化作用を持つ物質よりも

強力な抗酸化力があると言われています。

 

活性酸素の働きを抑えることから老化を遅らせ、

脂肪の酸化を抑えることから動脈硬化を予防する効果もあるのでは、

という意見もあります。

 

このようにαリポ酸のサプリメントには未知なるさまざまな可能性が

秘められていると言えそうです。

 

 

 

トップページ