産後ダイエットの為の情報・ダイエット美容器具のご紹介

ヒアルロン酸

 

お肌の調子を気にしている女性なら、

ヒアルロン酸を含んだ商品を使っているかもしれませんね。

 

一般的には肌に潤いを与える成分として知られているヒアルロン酸ですが、

からだのあらゆる部分に存在していて、特に皮膚、目、関節に多く含まれています。

 

そのため、肌に関わる商品だけでなく、

ドライアイ対策の目薬にもヒアルロン酸は用いられています。

 

ヒアルロン酸は目においては、丸い目の形と眼球の弾力性を保つ役割を担っています。

 

目の表面の水分蒸発を防ぐほか、角膜についた傷を治す手助けをします。

 

ヒアルロン酸のもっともすぐれた作用というのはやはりその保水力でしょうか。

 

1gのヒアルロン酸で、6リットルもの水を保持できると言われています。

 

水溶液は無色透明でトロッとして、かつ、ネバネバしています。

 

このような性質のヒアルロン酸は皮膚の真皮部分に多く含まれ、

皮膚内の水分量を一定に保ち、肌に張りと潤いを与えてくれます。

 

しかしながら、そのすぐれた保水力を持つヒアルロン酸も、

残念ながら、年齢を重ねるごとに減少してしまいます。

 

そのため、ヒアルロン酸を配合したパックや化粧水で外から補って、

肌のたるみやしわの出現を少しでも遅らせようと努力するのです。

 

 

そういえば、ヒアルロン酸関連の化粧品はよく見かけるのに、

飲むタイプのサプリメントは意外と少ないことに気付きませんか?

 

これまではヒアルロン酸は分子量が大きく、

口から摂取しても吸収されにくく効果が期待できないとされてきた為です。

 

しかし最近、吸収されやすい工夫を施した商品なども出始めているようです。

 

医薬品としての有用性は認められているヒアルロン酸ですが、

サプリメントとして飲んだ時の効果は未知数といったところでしょうか。

 

 

トップページ

乳酸菌

 

お腹の調子を整えることでよく知られている「乳酸菌」。

 

毎日の健康なお通じのために欠かさず摂りたいけれど、

実はヨーグルトなどの乳製品が苦手、という人はサプリメントを利用するのもよいですね。

 

しかし乳酸菌というとどうしてもヨーグルトや乳酸菌飲料のイメージがありますが、

キムチやしば漬けなどのお漬物や、醤油や味噌にも乳酸菌は含まれています。

 

よく知られているのはビフィズス菌ですが、

このほかにもスーパーの乳製品売り場やサプリメントコーナーで見かける

ラブレ菌、LG21、KW乳酸菌、カルピス菌、ヤクルト菌なども乳酸菌の仲間です。

 

乳酸菌の作用としてまず浮かぶのがお腹の調子を整えることですが、

これは便秘の改善だけでなく下痢の症状にも有効なのです。

 

乳酸菌が生きて腸に届くと、乳酸菌はそこで乳酸を作り、

腸内を弱酸性に保ちます。

 

弱酸性の状態は、善玉菌にとっては過ごしやすく、

悪玉菌にとっては居心地が悪い状態になります。

 

そして悪玉菌が徐々に減ってゆき、腸内細菌のバランスがよくなっていくのです。

 

腸内環境を整えることによって、気持ちのよい排便を促すことができます。

 

固すぎる便はやわらかく、やわらか過ぎる便は適度な固さに調節してくれます。

 

もし原因のわからない下痢の時に強い下痢止め薬を飲むのなら、

まず乳酸菌を摂取して様子を見る方がよい場合もあります。

 

また便秘薬が手放せないという人も、

乳酸菌を一緒に摂ることで排便がらくになることがあります。

 

 

 

トップページ

センナ

 

「センナ」という植物をご存知でしょうか?

 

薬局やドラッグストアでセンナ茶とか便秘改善のためのサプリメントとして

「センナ」の名前を見たことがある人も多いかと思います。

 

特にセンナ茶は便秘コーナーではなく健康茶コーナーに並んでいることもあり、

便秘と無縁の人もお目にかかる機会があるわけです。

 

センナは便秘を改善するお茶として日本でも古くから用いられてきました。

 

日本ではセンナの葉と果実は医薬品に分類され、

お茶やサプリメントに利用できるのは茎の部分だけとされています。

 

そのため、

効果を上げるために葉や果実を混ぜたサプリメントなどは違法商品となります。

 

センナの有効成分は、腸内細菌の働きで大腸を刺激する物質となり、

それによって排便を促します。

 

植物由来成分と聞くと、

いかにも作用はおだやかでからだにもやさしいイメージがありますが、

センナの作用は決して弱いものではありません。

 

センナを飲んだあと、激しい腹痛や下痢を起こすこともあります。

 

長期にわたってセンナを飲み続け、慢性的な下痢の状態が続けば、

体内のカリウムが失われて筋肉に力が入らなくなり、

不整脈が起こることもあります。

 

一般にきちんとしたセンナ茶であれば、

含まれる有効成分も副作用の心配のない範囲の量ですが、

個人差や体調により作用が強く出る場合もあります。

 

便秘でもないのに

「便秘になるのが怖くて・・・」

とセンナ茶やサプリメントを飲む人もいます。

 

ダイエットなど必要のないくらいほっそりしている人までが

「太るのが怖い」

とダイエット関連商品を購入したりしています。

 

しかし一番大切なのはバランスのよい食事と適度な運動で

健康的にお通じを整えることです。

 

便秘薬を飲むほどではないけど便が出にくい・・・

センナ茶はそんなときに試してみる程度に留めておくのがよいと思います。

 

 

 

トップページ

GABA

 

「ストレス社会で闘うあなたに」

「ギャバはからだにいいらしい」

 

などというキャッチコピーで一躍有名になったGABAを含む商品ですが、

具体的にGABAの何がどう体によいのか知っている人は少ないかもしれません。

 

ここ数年でよく聞くようになった成分ですが、

新しく発見された成分ではなく、もともと私たちのからだの中、

特に脳やせき髄などの中枢神経系に多く存在しており、

抑制性の神経伝達物質として働いています。

 

GABAが不足すると興奮しやすくなることがわかっているため、

精神を安定させイライラを沈める、よく眠れるようになる、

不安を解消する、などの効果が期待されています。

 

もし、今あなたのからだに不調があり、それがストレスを原因とするものであるなら、

GABA入り商品やサプリメントを試してみるのも良いかもしれません。

 

またストレス社会と言われる世の中で、

抗ストレス作用があるGABAが注目されたのもわかりますが、

GABAの働きは他にもあります。

 

まず、脳の代謝・機能を活性化すること、そして血圧の上昇を防ぐという働きです。

 

しかし脳や血圧に不安を持っているが薬は怖いから

GABAのようなサプリメントを試そう、と思っている人はちょっと待ってください。

 

サプリメントはあくまで補助食品であって、

薬の代わりになるほど確実な作用は得られません。

 

医師や薬剤師と相談の上で試してみてください。

 

GABAが含まれる食品としてよく知られているのは発芽玄米ですね。

 

玄米には食物繊維やビタミン、ミネラルなどが白米より豊富に含まれていますので、

GABAの作用だけでなくいろいろな面で体調を整えるのに適していると言えます。

 

またブロッコリースプラウトなどの発芽野菜、

漬物や乳酸菌飲料などの発酵食品にもGABAが多く含まれています。

 

発芽や発酵によって引き出される植物の自然な力を上手に取り入れたいものですね。

 

 

トップページ

カプサイシン

 

トウガラシの辛みの主成分である「カプサイシン」。

 

産後ダイエット効果を期待してトウガラシ成分を含んだ

サプリメントを飲み続けている人もいると思います。

 

確かに辛いトウガラシを食べると汗をかいて、脂肪が燃え、

代謝がアップしている、というイメージはありますよね。

 

しかしそれが産後ダイエット効果としてあらわれるかと言うと、

明らかになっていない部分が多いようです。

 

実は近年、辛くない種類のトウガラシから抽出された成分に、

脂肪燃焼作用や体温上昇作用、

さらには体脂肪減少作用があることが明らかになったそうです。

 

すでに商品化もされているというこの成分、カプシエイトというそうなのですが、

まだメカニズムはわかっていません。

 

 

トップページ

 

ただ、辛くないトウガラシから抽出された成分ということで、

今までの

「辛いカプサイシン=ダイエット効果」

という認識に疑問が持たれるようになるかもしれません。

 

カプサイシンを含む燃焼系のダイエットサプリメントを規定量内で摂取する分には

問題ないと思いますが、痩せようとするあまり、

毎日の食事に真っ赤になるほどトウガラシをかけて食べている人は

その認識を改めた方がよさそうです。

 

何かを食べて痩せるという方法はありえませんし、

毎日そんなに大量に刺激物を摂っていては、胃粘膜も傷つけられます。

 

またカプサイシンはそのままの形で便中に排出されるので、

肛門に強い刺激を感じ、つらい思いをすることにもなりかねません。

 

トウガラシ成分入りのサプリメントですが、

産後ダイエット効果より冷え性の改善に役立った、

という意見はありました。