産後ダイエットの為の情報・ダイエット美容器具のご紹介

ウコン

さまざまな宣伝効果も有、

お酒を飲んだ後にウコンのドリンク剤やサプリメントを飲む人が増えているようです。

 

ウコンはお酒をよく飲む人の肝臓によい働きをもたらすサプリメント、

と思っている人も多いかと思います。

 

ウコンは生姜科の植物で、またの名をターメリックと言います。

 

ターメリックと言えばカリーに含まれるお馴染みの香辛料ですね。

 

またウコン色素はクルクミンと言い、たくあんやマーガリン、

パエリヤなどの着色料として用いられています。

 

こうしてみると、ウコンはお酒を飲む人ばかりに関与する物ではなく、

もっとわたくしたちに身近な物に感じられますね。

 

ウコンにはクルクミンの他、食物ファイバーや各種ミネラル、

精油ファクターなどが含まれ、期待できる効果はいろいろあると言われます。

 

またウコンには春ウコン、秋ウコン、紫ウコンなどがあり、

クルクミンは秋ウコンに多く、精油成分は春ウコンに多いとされ、

それぞれの特徴によって使い分けられます。

 

ウコンは胃液の分泌を高め、胃粘膜を保護する働きがあるため、

一般的には香辛料として食欲不振の改善や健胃効果を期待して用いられます。

 

また、ウコンには各種ミネラルが豊富に含まれており、

中でも鉄がかなり多く含まれます。

 

そのため貧血の改善のために飲んだ鉄剤がからだに合わなかった人が、

かわりにウコンを飲むようにしている、というケースもよく聞きます。

 

お酒を飲む人に向くサプリメントと思っている人が多いのですが、

ウコンは意外にも貧血気味の人にも向いたサプリメントと言えるかもしれません。

 

 

トップページ

 

 

コラーゲン

 

「コラーゲンの役割は?」

と聞かれると多くの人が「美肌効果」と答えるでしょう。

 

それくらい「美しくなりたい女性のためのサプリメント」

といった感じの商品が続々と発売されています。

 

ドリンクタイプや錠剤などサプリメントの形もいろいろですが、

マシュマロなどのお菓子にも「肌に良いコラーゲンが含まれています」

などと書かれ、広くコラーゲンが話題になっていることが伺えます。

 

さて、そんな広く名前を知られたコラーゲンですが、

私たちのからだの中ではどのように存在しているのでしょうか?

 

美肌のイメージから、肌の弾力を保つぷりぷりした組織のように思われますが、

実はコラーゲンはからだの全タンパク質の3分の1を占め、

骨や皮膚などあらゆる部分に分布しています。

 

皮膚ではやわらかさと弾力が求められるので線維のような形で存在し、

腱では強い力で引っ張られることが多いためロープのように、

とそれぞれの部位に合った形で存在しています。

 

また、コラーゲンは骨にも存在する成分であるため、

骨量を増やし、骨密度を上げる効果も期待されています。

 

肌を健康に保つ作用のほかに、軟骨の弾力性を維持する役割も果たしています。

 

このことから関節の痛みをやわらげるのに効果があるのでは、

との期待もされていますが、まだ研究段階ということで今後の成果が

待たれるところです。

 

コラーゲンのサプリメントなどは主に動物の皮や骨を原料として作られています。

 

2型コラーゲンと呼ばれるサプリメントでは、

にわとりのとさかが用いられることもあります。

 

そのため豚や牛などにアレルギーがある場合、

摂取は控えた方がよいでしょう。

 

最近ではマリンコラーゲンなどと呼ばれる魚の皮や骨を原料とした

商品も出ているようです。

 

 

 

トップページ

グルコサミン

 

年配の方が階段を軽やかに上り下りする場面、

そして「毎日、これを飲んでいますよ」とグルコサミンのサプリメントを

見せるコマーシャルがありますが、皆さんご存知ですか?

 

そんな宣伝効果もあってか、

膝などの関節の痛みをやわらげる成分としてグルコサミンはよく知られています。

 

実はグルコサミンは私たちのからだの中でも作られる成分で、

グルコースとグルタミンを原料としています。

 

しかし、

年齢を重ねるにつれて体内で作られるグルコサミンの量は減ってきてしまいます。

 

長年、頑張ってからだを支えてきてくれた自分の膝、もう少し頑張ってね、

の気持ちをこめてサプリメントを利用するのもよい方法だと思います。

 

グルコサミンは口から摂取されると、

ヒアルロン酸やコンドロイチンなどの原料となります。

 

グルコサミン自身も軟骨を構成する大切な成分であり、

軟骨のクッション性を保つためには欠かせない存在となっています。

 

膝に痛みがある人がグルコサミンを飲み始めると、

続けるうちに痛みがらくになってきた、という話を聞きます。

 

口から摂取したグルコサミンは比較的速く吸収され、

作用を実感できる人も多いようです。

 

ただし、甲殻類アレルギーのある人は、

グルコサミンのサプリメントを購入する前に、成分表示をよく確認してください。

 

というのは、工業的にグルコサミンを作る場合、

カニなどの甲殻類から得たキチンを原料としていることが多いためです。

 

キチンに酸を加えると加水分解してグルコサミンになるのです。

 

最近では植物を原料としたグルコサミンもありますので、

アレルギーの心配のある人はそちらを選ぶようにしてください。

 

 

 

トップページ

イソフラボン

 

イソフラボンのサプリメントに関しては、

小児と妊婦・授乳中の人は摂取しないこととされています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページ

キチン・キトサン

 

あるダイエットサプリメント食品のPR広告で、

水と油を入れたビーカーに有効成分をくわえと油が固まりになり、

体内でも同じように食べた油を固まりにして排泄します、

といった類のものを見たことはありませんか?

 

現在ではこのような広告は規定違反とされ、ほとんど見ることはなくなりました。

 

このダイエットサプリメントはおそらくキチン・キトサンを含むもので、

キチン・キトサンが食べ物の中に含まれる脂肪分や

体の有害物質を包み込んで体外に排出する働きがあるのではないか、

という情報に基づいたものであると思われます。

 

しかしそのことを裏付けるデータは十分ではなかったようです、残念ですが・・・

 

キチンはカニやエビなどの甲殻類の固い甲殻部分に含まれている成分で、

キトサンはそれを工業的に加工したものです。

 

キチン・キトサンは水に溶けにくい食物繊維で、

消化されにくい性質を持つためそのまま腸に届き、

腸壁を刺激したり老廃物を取り込んで便のかさを増やすなどして排便を促します。

 

油の吸収をシャットアウトして劇的なダイエット効果を上げることは

無理かもしれませんが、便秘の解消には効果が期待できるようです。

 

また、最近ではキトサンがコレステロールの上昇を防ぐ働きを持つことが

わかってきました。

 

コレステロール値が高めの人が、キトサンを摂り続けているうちに、

正常値に入るようになった、という体験談もあります。

 

また、キチン・キトサンにはグルコサミンも含まれているので、

関節炎や関節の痛みにもよいのでは、と期待されています。

 

ただし、キチン・キトサンのサプリメントにはカニを原料としているものが多くあり、

甲殻類アレルギーがある人には注意が必要です。

 

植物を原料としている商品もありますが、

表示をしっかり確認してから摂取するようにしてください。

 

 

トップページ